貸倉庫の需要と賃料について

9336656822_06499c3202_k

最近のインターネット通販サイトが非常に大きな市場規模となってきており、ものを販売するときには非常に多くの商品を保管しておかなければならないのですが、保管場所に困っている業者が増えてきています。

理由としては交通の利便性が高くて、
さらには、保管の際には広大な敷地面積が必要となってくるため、より多くの業者が保管する場所について探している状況です。

そのような背景から最近では貸倉庫に関する需要がインターネット通販の市場の拡大を契機に一気に加速してきました。

最近の貸倉庫に関してはフォークリフトでの運搬がメインとなってきているため、敷地はフォークリフトの通れる通路を用意したり、
安全性の観点から通路の幅をしっかりと持たせたりと、基準を満たすためには非常に敷地面積が必要となってきています。

さらには、交通の利便性が高い地域としては高速道路のインターから近い居場所に設置するなど貸倉庫の需要も非常に多種多様になってきています。

さらには、最近ではこのように需要がどんどんと高くなってきているので、賃料についても空き地になることが減ってきているだけでなく、
賃料の値下がりも低くなっており、特に現在の需要から首都圏などの地域では賃料が上昇している地域も出てきています。

このようにして、現在の埼玉の貸し倉庫の需要と賃料については軒並み高くなってきているのですが、
メンテナンスに関しても住居やオフィスと比べると安くすむためハードルは低くなっています。

Leave a Comment