貸し倉庫の個人利用について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅の荷物が一杯になり、物を保管しておくスペースが無くなった時に、個人でもトラン

クルームのような貸し倉庫を利用する人が増えてます。

埼玉の貸し倉庫の利用用途は、企業の場合は、保管義務期間中で捨てる事の出来ない経理上の事務書類や、
事務機器の収納が多いですが、一般の場合は次のような利用が多いです。

1つ目は、レジャーで使う道具を保管しておく物置替わりです。

例えば、ゴルフ用品や、釣り道具などを保管しておいて、ゴルフ場や釣り場に行く前に、
ゴルフ道具や釣りの道具を用意したり、トランクルームにはテーブルなどがあるので、そこで釣りの仕掛けを作って準備する事ができます。

2つ目は、自宅のリフォーム時に家具や道具を一時的に預ける倉庫としてです。

自宅の大規模リフォームの場合は、リフォームに1か月以上掛かる場合もあるので、
その場合は賃貸住宅を一時借りますが、家具が出来るだけリフォーム物件の近くに保管した方が、リフォーム後に運ぶのが楽だから貸し倉庫を利用します。

3つ目は、海外赴任中の家具の保管です。賃貸物件を借りていた場合は、
短期間なら、借りておけますが、数年の海外赴任の場合は解約する事がほとんどです。

4つ目は、引越し先が決まった後に、一時的に家具を預ける時です。
例えば、引越し予定日と引越し先の物件の利用できる日が何日かズレる場合に、賃貸物件の場合は、1か月単位の契約の場合が多いので、
1か月分の家賃を余計に払うのは勿体ないので、預けて賃貸物件を先に返す事が良くあります。

Leave a Comment